新35回生のクラス会が開催されました。

10月14日(土)17時半から、目白の駅前のビルにあるイタリアン37(トレイタセイテ)でみどりカレッジの講師でもあり、同期の下尾さんを囲んでカレッジの後参加したメンバーで執り行われました。

簡単な茶話会のはずが、結局みどりカレッジを聴きに来たメンバーはほぼ集まり、ワイワイガヤガヤ。

最後は一言ずつ、今回のカレッジの感想、それぞれ近況報告などを語り合い、しんみりしたり、「がんばって!」と心で励まし合ったり。

本当に充実した時間を共有することができました。

思えば、昨年の女子大の社会福祉学会で理事として参加していた時に、下尾さんの学位記念報告をたまたま聴くことができて、何かの機会にみどり会で話してもらえないかと思っていたのと、下尾さん自身も昨年度のやまゆり園の事件をきっかけに何か話ができないかという思いが合わさってこのみどりカレッジでの講演会が実現した次第です。

いつもクラス会だけではもったいないと思っていた下尾さんの話をこのような形で実現できたのもみどり会の活動、そして温かいご支援のおかげだと思います。

下尾さんはじめ、新35回生のパワー、結束力を改めて感じた1日でした。ほんとうにありがとうございました。

文・写真 荒井公子(新35回生)







Page Topへ