【20周年】新45回生(1995年(平成7年)卒業)のクラス会が開催されました

2015年(平成27)9月12日、桜楓会館2号館1階の食堂において、卒業20周年を迎える新45回生のクラス会が開催されました。

新45回生は、西生田に校舎開設2年目に、人間社会学部・社会福祉学科生として学ばれた方々です。出席者は14人。井出恵子さんが幹事を担当してくださいました。

■20年ぶりのクラス会を終えて

新45回生幹事:井出(旧姓・松元)恵子

♪~ 20年の時間を埋めるのは、旧友との楽しいおしゃべり ~♪

会場は目白の桜楓会館。受付に一人到着するたびに「お久しぶり!」と歓声があがりました。 14名の参加者が集まるまでの時間もあちこちで20年ぶりの再会を喜び、その時間を埋めるかのように、おしゃべり、おしゃべり、おしゃべり・・・。

楽しい会食の後は、一人ずつ近況報告。皆さんのお話から、それぞれ進んだ道は違うけれど、 状況に応じて変化しながら自分らしい選択をしている、と感じました。

返信はがきの近況欄をコピーでいただき、欠席の方の近況を知ることもできました。
社会福祉学科だけに、福祉に関わる仕事をしている方が多く、今日の再会を機会に仕事上の横のつながりを作るべく、アドレス交換する姿もありました。

今回、20年ぶりに社会福祉学科の友人と再会するという、素敵なサプライズ企画を後押ししてくださった、みどり会理事の皆様に感謝申し上げます。ありがとうございました。







Page Topへ